ブログ

第12話 動画編集に追われる塾講師って一体…

             

ブログ更新が遅れたのには訳がある。と言って, 冒頭からまたしても言い訳をさせて頂くが, 実はyoutubeの編集に追われていたのである。

現在, youtubeミヤベ屋は週2回の配信で, 編集こそ外注しているが, 先週一部のコアなファンから週3回の配信を希望された。「お主, 意外とマニアックよのう」と思ったが, やはり愛すべきはこういったコアなファンであり, 僕としてはなんとしても, その要望に応えたいと思った次第である。

が, 如何せん編集料金は高い。わかってはいたことだが, 編集を外注すると一本10000円ぐらいかかるため, カルロスゴーンなみのコストカットではないが, さすがにこれも外注するわけにはいかなかった。youtubeに力を入れまくって, 経費が圧迫したら, それこそ本末転倒な話である。

 

では, どうするか? 結論は言わずもがな「自分でやればいい,」に落ち着いた。僕はこんな見た目とは裏腹にちょっとだけ動画編集ができる。素人以上プロ未満ぐらいではあるが, 生徒たちの卒業ムービー, 結婚式ムービーを作ることぐらいなら晩飯前である(そこまで簡単ではないけど頑張ればできる, という僕の造語)。

だがこの動画編集, 結構骨である。どれぐらい骨かって, たった10分程度の動画を作るだけで8時間もの作業時間を要する。無論, 僕が遅いと言われれば, それまでなのだが, プロではないのでそこは許していただきたい。

そのため先日は久しぶりの休みだったにもかかわらず, 動画編集に没頭し, 妻から「家にいるだけマシだけどね」と褒めているのか, 皮肉を言われているかわからない1日を過ごし, 新コンテンツ作成に向けて, 勤しんだ次第であった。そして今日出勤し, ブログの更新が遅れていることに気づき, こうして文字を走らせている。

さて, まとめると今後のyoutubeは週3回の配信を予定している。週2回の編集は外注し, 週1回の編集は僕が行う予定だ。だがしかし, こうも毎週編集作業に追われるのも, なかなかに億劫である。ふと気が緩んだ隙にサボりかねないし, 中途半端に終わるのもよくない。

と考えた末, うちの従業員にもこの動画編集作業を覚えさせようと思った。幸いなことに若者の間では動画編集はそこそこ魅力的な作業らしく, 提案してみると「やりたい」と言う者が多かった。ふっふっと, まだ彼らはこの大変さがわかっていないようだが, やりたいと言われれば, こちらとしてもやらせないわけにはいかない。喜んで教えてしんぜよう。

と言うわけで今後も仕事が増えていきそうである。動画編集作業に追われる塾講師なんて, 業界初となるに違いない。

TOP