ブログ

第5話 先生, 勉強法ってありますか?

             

「勉強法」大々的に書いておきながら, 今回はダイエットで考えてみたい。もしあなたの体重が100キロを越えていて, そんなある日, ふとダイエットを決意したとする。ダイエットをするのなら, 適度な運動と食事制限が必要だ。誰に相談しても, その答えが返ってくるであろうし, 楽して理想の体型が体に入れられるのであれば, 僕だってこんな風にはなっていない。

そんな時, 「もし好きなものをバクバク腹いっぱい食べられて, 運動もせずに寝ているだけで痩せられる方法がある」と聞けば, あなたはどう思うだろうか?

「そんなもんウソだ!!」と思うに違いない。現にそんな方法はきっとないし, あったとしたらさぞウソくさい匂いが充満しているだろう。

もちろんダイエットの方法は無数にある。いくつか諸説はあるので, 詳しい話は割愛させて頂くが, 近年は適度な筋トレと糖質制限が主流らしい。無論, 適度な筋トレ, とある以上, 最低限体を動かさないければならないし, 糖質制限とある以上, 高カロリーなマックやラーメンは禁物だろう。僕みたいな令和を代表する怠け者からすれば, 最低限の運動と糖質制限はかなり酷な話だ。いまだに「好きな食べ物は?」と聞かれたら, 「夜中に食べるラーメン」と答える準備すらできているし, 筋トレは嫌いではないが, 翌日の筋肉痛が何より嫌いだ。

長々と書いてしまって申し訳ない。つまり何が言いたいかというと, 勉強法もこのダイエット法と似ていると思うのだ。生徒の多くは「勉強法」と聞けば, 何もせずただゲームをしているだけで点数が上がる秘法, と錯覚しがちだが, そんな夢のような方法は2020年の科学力では発明されていない。

もちろん勉強法はある。しかしそれは最低限のベースがあれば, 十分に身につく話だが, 勉強の「べ」の字もしたことない子にいくら勉強法を教えてたところで, 徒労に終わるのは火を見るより, 灼熱の炎を見るより明らかだ。

そのため僕は「勉強法」についての質問を受けた際には, こう聞き返している。

「それはあなたが十分, やった上での話ですか?それともただ楽な方法を探しているだけですか?」

前者であれば, いくらでも教えられるが, 後者であれば教えるだけ時間の無駄になってしまう。もちろん「楽をすること」は悪いことではないが, 何もしないことが「楽」なのではない。その勉強法を実践する以前に, やるべきことがヤマほどあり, 話はそれからだと思う。

ダイエットと同じように勉強法も最低限のベースの上で成り立っている。本人のやる気, 基礎学力, 学習の習慣化, この三つの土台の上に勉強法があり, むしろこの3つさえあれば, どんな勉強法も生きるのだと思う。

だから中学生諸君, 青い鳥症候群になってはいけない。定期テスト前に勉強法探しに明け暮れるよりも, 英単語の暗記はできているか, 教科書の太文字は覚えているか, 学校ワークは暗記しているか, を確認した方が点数はアップすると思う。

そして基礎も全部やった, 全力で取り組んだ, それでも成績が上がらない, のであれば, いくらでも相談に乗ることはできるし, こちらも奇跡のような勉強法を紹介できる。

後期中間まで1ヶ月を切った。皆さんの検討を祈る。そして僕の体重が減ることも同時に祈っている。

TOP