ブログ

第4話 後期中間マジでヤベえんすよ

             

後期中間テストは一年で最も厳しいテストとなる。中1数学は文章題, 比例反比例, 英語も今まで習ってきた基礎は知っている前提で, 応用問題が多数, 出題される。

 中2数学も一次関数, 利用, 角度, 英語は中学生の大多数が暗記に苦しむ助動詞, 理解不能に陥る不定詞, 動名詞, そこに国語の古典などが追加され, 毎年平均点が大幅に下がる傾向にある。

もちろんテストの難易度にもよるので, 稀に下がらないこともあるが, 場合によっては5教科平均280点まで落ち込むこともあるし, 生徒によっては5教科100点以上下がってしまうケースもある。ちなみに今まで僕が見た最たる悲劇は5教科410点から290点への転落劇だった。

また後期中間は問題が難しいだけではない。後期中間は他のテストと違って唯一, 長期休暇がないのだ。前期中間は春休み, 前期期末は夏休み, 後期期末は冬休みがある。仮にある単元がわからなくても, 学校が一時的に止まってくれる機会があるため, 生徒は塾やネットで十分に復習する時間を確保できる。

しかし後期中間だけはそうもいかない。9月中旬から11月下旬まで通常通り学校があり, 生徒は気がつけばテスト当日を迎えてしまうのだ。

「まー、なんとかなるさ」と思う子は毎年いる。そしてなんともならず, 悲惨な結末を迎える子も多数いる。そうならないためにAxel生は今から勉強してほしい。焦るのはテスト2週間前じゃない。今からやって2週間前は余裕を持って取り組む姿勢を見せてほしい。

中学生のほとんどは2週間前からなんとかなる, と思っている。しかし一度立ち止まって, 考えてほしい。これが部活だったとしたら, 2週間では間に合わないだろう。勉強も同じで, 次回のテストでコケないようにするためには, 少なくとも1ヶ月前からコツコツ準備をしてくれなければ, なんともならないのだ。

という意気込みを込めて, 現在Axel生のほとんどの子は週5ぐらいで塾に通ってもらっている。「週5も!?」と思う気持ちもわかるが, 後期中間は週5でも足りないぐらいだ。

不安を煽るわけではないが, 100点ダウンを防ぐためにも, 今からじっくり学習して, 万全の状態で本番を迎えてもらいたい。

と, 初めて真面目な文章を書いたような気もする。ボケもオチもない退屈な文章だったかもしれないが, それほど後期中間は大変なんだ, と感じて頂ければ幸いである。

TOP